SPECIAL POST

ISSUE 01 LOOKBOOK

November 06, 2020

ミリタリーウェアやワークウェア。いわゆる ”ふつう” の服。これらを上品なオーバーサイズシルエットにアレンジすることがAIMNAIMのベーシックです。

 

Read More

BLOG

ISSUE 01 LOOKBOOK

ISSUE 01 LOOKBOOK

ミリタリーウェアやワークウェア。いわゆる ”ふつう” の服。これらを上品なオーバーサイズシルエットにアレンジすることがAIMNAIMのベーシックです。

Read More

はじめに

はじめに

はじめまして、AIMNAIMです。 サンマリノという両国にある会社で、私含め2名のデザイナーで洋服を中心に創作活動を行う小さなプロジェクトです。 ブランド名についてブランド名は「エイムネイム」と読みます。 完全に語感だけで設定したブランド名ではありますが、 後付けの意味としてAIM ‘n’ AIM. 目標を越えてもその次の目標が待っている。終わる事の無い洋服のデザインへの探求を表す、と捉えることとしました。 コンセプトUnusual but Ordinary 普通じゃないけど、普通っぽい。 毎日着られる、生活に近いモード服。 私たちは日常着に何を求めるでしょうか。 もちろん人によって千差万別だとは思いますが、私たちが考え付くことは 着心地が良い 動きやすい 一定の上品さがある 手入れがしやすい 買いやすい 着ていて楽しくなる このような事でした。 ワークウェアとミリタリーを参照する上記のような考え方から、一番に思いつくのはワークウェアやミリタリーウェアです。 動くことを前提で設計されたこれらの衣類のアーカイブは、私たちに多くのヒントを与えてくれます。しかし、通常のワークウェアや軍の放出品は、一定の上品さと言うと難しいところがあります。カジュアルな場から、少し大人っぽい場所へ行く際にも着られること。 部屋で過ごすにも窮屈ではなく、外出の際もだらしなくならないこと。 このバランスは重視しようと決めました。もうひとつは着ていて楽しくなる、という部分。ワークウェアやミリタリーウェアを着ていると、機能のために付いているドローコードなどのディティールが、美しく感じる瞬間があります。そういった部分を誇張するように、利便性と見た目の面白さ、両方を生かすことはできないものか。 では、どんな服をつくるのか以下のような結論に辿り着きました。 1.ワークウェアやミリタリーウェアを、現代的なオーバーサイズシルエットで 2.クリーンかつベーシックに 3.アーカイブを参照しアレンジした独特なディティールワークでモードのエッセンスを加える...

Read More

ISSUE 01 LOOKBOOK

ISSUE 01 LOOKBOOK

ミリタリーウェアやワークウェア。いわゆる ”ふつう” の服。これらを上品なオーバーサイズシルエットにアレンジすることがAIMNAIMのベーシックです。

Read More

はじめに

はじめに

はじめまして、AIMNAIMです。 サンマリノという両国にある会社で、私含め2名のデザイナーで洋服を中心に創作活動を行う小さなプロジェクトです。 ブランド名についてブランド名は「エイムネイム」と読みます。 完全に語感だけで設定したブランド名ではありますが、 後付けの意味としてAIM ‘n’ AIM. 目標を越えてもその次の目標が待っている。終わる事の無い洋服のデザインへの探求を表す、と捉えることとしました。 コンセプトUnusual but Ordinary 普通じゃないけど、普通っぽい。 毎日着られる、生活に近いモード服。 私たちは日常着に何を求めるでしょうか。 もちろん人によって千差万別だとは思いますが、私たちが考え付くことは 着心地が良い 動きやすい 一定の上品さがある 手入れがしやすい 買いやすい 着ていて楽しくなる このような事でした。 ワークウェアとミリタリーを参照する上記のような考え方から、一番に思いつくのはワークウェアやミリタリーウェアです。 動くことを前提で設計されたこれらの衣類のアーカイブは、私たちに多くのヒントを与えてくれます。しかし、通常のワークウェアや軍の放出品は、一定の上品さと言うと難しいところがあります。カジュアルな場から、少し大人っぽい場所へ行く際にも着られること。 部屋で過ごすにも窮屈ではなく、外出の際もだらしなくならないこと。 このバランスは重視しようと決めました。もうひとつは着ていて楽しくなる、という部分。ワークウェアやミリタリーウェアを着ていると、機能のために付いているドローコードなどのディティールが、美しく感じる瞬間があります。そういった部分を誇張するように、利便性と見た目の面白さ、両方を生かすことはできないものか。 では、どんな服をつくるのか以下のような結論に辿り着きました。 1.ワークウェアやミリタリーウェアを、現代的なオーバーサイズシルエットで 2.クリーンかつベーシックに 3.アーカイブを参照しアレンジした独特なディティールワークでモードのエッセンスを加える...

Read More